2020 12月 - 自分史制作なら、「人となり」

ビジュアルで見る自分史をお創りいたします。 まずは、お気軽にお問合せください。
お知らせ

お知らせ

写真の日付

IMG_5703r

今となっては懐かしいアナログのフィルムプリント時代に、撮影をした写真への日付入れは、気にもかけずにスルーをしてしまう代名詞でもありました。
多くの人が後日になっていつ撮影したかわからなくなってしまう写真を保管し続けていました。

 

そんなダメージを解決してくれたのが、ある時からコンパクトカメラに搭載された日付の写し込み機能でした。
この機能が搭載された当時は
「なんて目障りな写真の見栄えを損なう機能をつけてくれたんだよ!」
とか
「ようやくこれで写真の管理がホント楽になるぞ~!」
などなど、賛否両論の声が上がっていた記憶があります。

 

私といえば当時、前者の目障りに感じていた人種に属していたのですが、時間が経つにつれ、その思いは後者へと変わることになります。
やはり、数年越しの写真の日付が分からなくなるのです。

そんな事態に警鐘をならし、あえてフィルムやプリントに日付の書き込みを義務付けるクセをつけたのは90年代に入ってからでした。

 

ただそれでも気を抜けば、いまだに日付未記入の写真には遭遇します。

 

今の時代はカメラ自体が情報収集の宝庫なので、日付はもちろん、ありとあらゆる情報が撮影した写真に自動で埋め込まれます。
設定さえすれば、撮影場所などもGPS機能で埋め込まれるので、夢のような時代になりました。

昔は日付は被写体の状態から何となく推測できたとしても、撮影場所がどこだったのか分からなくなるなんてことはよくありました。

 

自分史で使用する写真は、日付や撮影場所の把握がとても大切な要素でもあります。

 

「いつどこで誰が何をどうした」

 

その事実をつなげているのが自分史の基本構造でもあるので、まずは「いつ」なのか、次に「どこ」なのかが自分史掲載には求められます。

 

人生の時間のつながりが時間と場所でタグ付けされ、その事実を明確にできるもの。
それは大切な写真の日付なのだと思います。

 

 

自分史制作のお問い合わせは こちらから
https://hitotonari.jp/contact

 

 

人となり
https://hitotonari.jp
住所:神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷 2-7-3
TEL:0466-65-3878

「人となり」で人気の写真アルバムの活用法などを随時お知らせいたします

神奈川のオリジナルアルバム制作会社「人となり」では、お知らせページにて当社サービスの最新情報のご案内をしております。活用事例なども含めたサービスのご紹介もしておりますので、ぜひご確認ください。
写真アルバムは結婚式や成人式、同窓会などのイベントの記念として制作できるほか、お宝やコレクションなどを撮影して作品集などに仕上げることもできます。
就終活ブームの影響により、写真に文章を添えて自分史を制作するのも人気がございます。神奈川の「人となり」では、高齢化や断捨離のニーズに応じて遺品整理やリフォーム準備のためのリーズナブルプライスのアルバム制作サービスも開始しました。大切な品を写真に収め、品物の整理や処分にお役立てください。


 
 
PAGE TOP

ホーム | お知らせ | 人となりとは | 制作プラン | 製本タイプ | 制作例 | ご利用ガイド | ご利用の流れ | 料金について
お客様の声 | よくある質問 | お問合せフォーム | 制作理念 | 運営者のご案内 | ご利用規約 | 特定商法の表記 | プライバシーポリシー

© 人となり