自分史上最高な時間 - 自分史制作なら、「人となり」

ビジュアルで見る自分史をお創りいたします。 まずは、お気軽にお問合せください。
お知らせ

お知らせ

自分史上最高な時間

RES_4160rrr

自分史上最高な時間は、いったいどのくらい記憶をしておくことができるのでしょうか。

 

それは忘れられない結婚式で、尊敬している先輩からすばらしいスピーチをいただいている時だったり、長年の目標としていた優勝トロフィーを手にした瞬間であったり、プロポーズの指輪をもらった時の事とか、耐久レースでチェッカーフラッグをうける瞬間だったり・・・・
人生の中で自分史上最高な時間とは、本当に限られたごくごく短い時間なのではないでしょうか。

 

そしてそれを今日のことのように記憶をしておけるということは、やはり読んで字のように「自分史上最高な時間」なのでしょう。

 

ただ自分史上最高な時間は、その内容が常に最高なので、その人が生きてきた年月によっても、その内容は変わっていくのかもしれません。

 

つまり歳をとればとるほど、自分史上最高な時間の選択肢は色々と上積みされて増えていくはずなのです。
言い換えれば、自分史上最高な時間は、時代ごとに色々と「最高」として扱えることが蓄積されているとも考えられます。

 

家族間の出来事を例にとっても、子供の出産から入園入学、卒業、成人、就職、結婚、孫の出産などなど、様々な感動すべき時間の要素がありますし、それに加え、自身の記念すべきイベントが重ねられるので、正直なところ、どれを自分史上最高な時間にすればいいのか迷ってしまう場合もあるのかと思います。

 

自分史を構築していく際には、そんな自分史上最高な時間の選択肢を丁寧に分析をしながら、時間軸や時代の流れの中で、効果的にその内容を埋め込んで行きます。

 

自分史上最高な時間とは、自分史の中の、文節の一区切りでもあるのです。

 

制作例はこちら
https://hitotonari.jp/wp-content/uploads/sites/23/2020/01/hitotonari.pdf

 

 

人となり
https://hitotonari.jp
住所:神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷 2-7-3
TEL:0466-65-3878

 
 
PAGE TOP

ホーム | お知らせ | 人となりとは | 制作プラン | 製本タイプ | 制作例 | ご利用ガイド | ご利用の流れ | 料金について
お客様の声 | よくある質問 | お問合せフォーム | 制作理念 | 運営者のご案内 | ご利用規約 | 特定商法の表記 | プライバシーポリシー

© 人となり